宇宙時代より

宇宙時代より

素敵なコンテンツ作成を目指して頑張る大学生のブログ

評価されるために絵を描くことは間違っていない。評価されないことに悩む人は前提を崩すべき。

f:id:skyfish25:20151219182507p:plain

(※2016年 2月20日 追記)

あまりにもガバガバだったんで追記しました。許してクレメンス(小声)

 

なんだか知らないけど深夜3時だってのに全然眠れないから僕が最近思ったイラストの話をしようと思う。

自分の描いた絵をTwitterに載せてる人、特に所謂絵描き界隈のフォロワーがいる人ならたまに見かけたことあるかもしれないであろう、

 

「評価されるために絵を描くのは邪道」

 

って類の意見。僕もイラスト初めてすぐ、というか絵を描くのを中断した高校3年生までそういう風に思ってましたし、それに疑問を抱くことは特にありませんでした。

 

絵を描くのを中断して一年、再開して辞めてを繰り返して、正直今の自分は「絵描き」なんて自称できるような者ではありません。

しかし、自分が絵描きじゃなくなったからこそ、こういった類の問題を俯瞰して見ることが出来るようにも思います。だからちょっと個人的な見解を書いてみようと思います。

 

まあ結論はタイトル通りなんですけど、深夜の衝動書きに付き合ってくれる人がいれば幸いです。

 

 

何故邪道なのか

 

oekakigakusyuu.blog97.fc2.com

chemi-mizuki.hatenablog.com

 

まず、「何故、評価されるために絵を描く」行為が邪道、あるいは非難される傾向にあるのか。

正直、これは分かりませんでした。Twitterいくら見てもネットでいくら調べても出ませんでした。

でも、なんとなく分かります。精神論になるんでしょうけど、なんとなく邪道って感じちゃいますよね。

 

自分の勝手な推測になりまけど、「嫉妬」「強がり」といったマイナスなものから「自分の好きなモノを描きたい」っていう純粋なものまで色々あると思います。

 

批判を覚悟で書きます。

 

完全に僕主観になりますけど、評価されてる絵描きは結構メジャーなコンテンツの絵を描いてると思います。(グラ○ルとか○コレとかお○松さんとか)

そういった評価されている人と評価されない自分を比べて妬んで強がりでそういったことを言ってるのかもしれません。

 

というか僕がそうでした。もうホントお恥ずかしい話なんですけど僕がそうでした。評価されてる人が羨ましかったし、評価されない自分に結構悩みました。

 

いくら吹っ切ろうとしても、評価がこないのは悲しいし、Twitterで感想とか言ってもらえるとどうしても嬉しかったんです。

だから、反応がないときは本当に辛かったです。だからといって評価されるための絵を描こうという気にもなれませんでした。

理由は単純で、僕がそういう風に悩んでいた頃、フォロワーの方の多くが「評価されるために絵を描いてるわけじゃない」と自分の信念を呟いていたからです。

 

そういったツイートをみていつの間にか自分の考えを狭めていたんでしょうね。なんだか自分が恥ずかしなってきたりなんかもしてました。

 

エゴの押し付けはやめよう

 

「他人の評価を気にして絵を描くな」って意見はあまりにエゴだと思います。

自分の信念を持つのは大切なことだと思いますけど、その信念を他人に押し付けるのはNGです。

 

何故なら「他人の評価を気にして絵を描くのは邪道」って考えが正しいのか誰にも判断できないと思うからです。

正確には、その意見の正解は自分の中でしか出せない、言ってしまえば、正解のない問題だと思うんです。

 

なんか自分で言ってて恥ずかしくなってきましたけども。

 

まあこういう僕の考えも正解かどうかは分からないんですけどね。こんなこと言ったら議論が一生進まないんですけども。

 

話を戻すと、この問題は、正解がいくつもある問題を巡って争ってるという意味不明な構図になるわけです。

 

Twitterでフォロワーが「自分は評価されるために絵を描いてるわけじゃない」って主張しているのを気にして悩む必要なんてないと思います。他人は他人。自分は自分。

 

同調圧力に屈するようでは良い創作は出来ないと思いますしね。

 

結論は「自分の描きたいものを描け」になるんでしょうか。その「描きたいもの」はなんだって良い筈です。「自分の好きなもの」でも「大勢の人が見てくれるであろうもの」でもなんだって。

 

創作意欲なんてどこから湧き出てもいいじゃないですか。

 

絵描きじゃなくなった自分から、見る側としての意見

 

ぶっちゃけた話、どんな理由で描こうが見る側には大して関係ありません。

 

それが評価されるために描かれた絵だろうが、評価を気にせず描いた絵だろうが。むしろ、前者の方が魅力的かもしれません。

 

というか何でこんなことで悩んでるんだろうって思う人もいるかもしれません。

 

艦これが流行り始めた頃、東方から艦これに移った同人作家を同人ゴロなんて敬称で呼ぶのが流行りました。

 

勿論移った理由は「純粋に艦これが好きになった」からかもしれないし、「艦これの方が同人が売れる」からかもしれません。

 

でも見る側としては正直どっちでもいいです。てかこれ外野が口出すことでもないでしょ。何の権利を持っているんだ。フジテレビ風に言うなら「嫌なら見るな」。

 

長々と書いたけど、僕は「何を理由に描こうが、何を描こうが、外野がとやかく言う権利はない」ってことを伝えたい。

 

あれ何の話だっけ。もう遅いし寝るか(ガバガバ結論)